Pocket

2016年4月13日…。
リッター3K使いにとっては2度目の悪夢の日と言えるかもしれない …!
(1度目はフルチャージしないと確1にならなくなった10月のアプデ)
 
今回のアップデートで、様々な武器やサブウェポン、スペシャル減少数が大きく調整されました。
そしてリッター3Kに至っては、もはや戦法スタイルを丸々考察しなおさなくてはいけないほどの調整を加えられたのです!
 
今回は、リッター3Kの調整でプレイヤーにとって痛い度順に調整された内容と今後のプレイスタイルについて紹介していきます。
(結構ガチで書いてるのでやや長めです)
 
1. クイックボムのインク消費量が25%→40%に
痛すぎます。かなり痛いです。
これまでは長距離はメインのリッター、中~近距離に近づかれたら最大4回連発できるクイボで反撃とカユいところに手がとどく感満載だったリッター3Kですが、インク消費量が40%になったことにより連続2回しか投げることができなくなりました(せめて33%とかに…)。
 
これにより、不意に近づかれて連投していれば反撃でキルが奪えたクイボの使い方を根本から変えなければならなくなりました。
うむむ…。

ちなみに、クイックボムの下方修正はイカの通りです

▼インク消費量が25%→40%に負担増加
▼吹っ飛ばし力弱体化
▼最低ダメージ半径約20%減少

インク消費量は先ほど言及しましたが、吹っ飛ばし力落ちたことで今までガチヤグラや崖っぷちにいる敵に投げれば落とせた場合も迎撃できなくなる可能性が大きくなりました。また、最低ダメージの半径も20%減少したことでちゃんと命中させなければダメージソースにならなくなりました(これでもかというほどの弱体化orz)。

一方で、強化された面もあります。

△最低ダメージ量20→25 (イカの標準HPは100)
△中ダメージ(35.0ダメージ)半径が14%増加
△塗りの半径約43%広範化

クイボは直撃、ギリ命中、カス当たりのよってダメージ量が強・中・弱と異なるのですが、総じてダメージ量は強化されました。
また使ってみればわかるのですが、インク消費量が増えたせいか塗り範囲が圧倒的に広がっています。
具体的に言うと、トルネードで塗られた箇所も2発+αで塗り替えせるほどです。

【リッター3Kにおけるクイボの今後】
結論から言うと、クイックボムは「中・近距離用の反撃用」としての立場から「とどめ・クリアリング向け」のサブウェポンとなるでしょう。
今までは、敵が懐に潜り込もうとしてきたときにポンポン投げて反撃用に使えていましたが、インク消費量が増えたことでそのような使い方ができなくなりました。
一方、塗り範囲の増加やダメージ範囲の増加によって、正確に当てれば敵を倒す確立や敵インクのクリアリングに十分役立てることができます。

つまりこれまでの反撃用ツールというよりは、半チャージで仕留め損ねた敵を倒すとどめ用の武器や相手色インクをクリアリングするために役立てられるということです。

【対策】
まずは練習場でクイボの投げコントロールをするとともに、攻撃力アップギアを大1小4をくらいを目安に積んで敵へのダメージ量をりかいしておきましょう!

2. イカダッシュ速度の10%鈍化

これもかなりリッター使いにとって痛いところです…。
ハイドラント・リッター・ダイナモの武器は装備しているだけで移動速度が今までより10%も遅くなるという弱体化を受けました。
 
単純にスタートしてからの移動速度が落ちたのもそうですが、これにより今まで以上に増えたのが、

・メガホンレーザーを避けきれない
・近距離の敵から逃げ切れない
・狙撃地点の確保が手間取る

という事態です…。

【対策】
これに関してはもう、イカ速度積むしかないです!
イカ速度上昇ギアを大1もしくは小3以上積むとほぼ速度低下を相殺できます!
スタートダッシュ積んで狙撃地点を複数確保するということもできますし、その辺はお好みで!

3. 最大チャージ未満時の射程20%減少
2位と3位をどちらにしようか迷いましたが、ギリギリ3位かなという印象です。
アプデ後にプレイしていた当初はこの下方修正にも悩まされましたが、プレイスタイルの変化を意識しただけで意外とすぐになれました(とはいえ、未だに不利に感じることも多いですが)。
 
最大チャージ未満時というのは、チャージャーでためている状態で○マークが最大までたまっていない状態で発射する場合のことです。
リッター3Kの射程とチャージ時間をグラフ化したものがイカになります。
liter3kcharge

見づらくて申し訳ないですが、縦軸がチャージ時間でヨコ軸が射程です。
攻撃力アップギアを積むことで半チャージでも倒せていた敵が、飛距離が足りずに倒せないということもアプデ以降発生するようになりました。
 
これも結構な弱体化か…と思われていましたが、意外と早く慣れることができました。
これに関しては、
・飛距離が足りないのなら、狙撃場所や相手との間合いを変えれば良い
・そもそも半チャージで倒す戦法スタイルを変えれば良い
と考えるだけで意外とすぐに狙撃距離の把握や立ち回りに慣れることができました。

また、今回のアプデでチャージ完了までの時間が以前より6%短縮されたのでプラマイ0感もあるっちゃあります!

<対策>
「どんな間合いでも相手を一撃で倒す」→「リッター3Kの最大射程をフルにイカして相手を制圧する」という戦い方に慣れることが肝要です。今まで攻撃力アップギアを積みまくっていたのを、イカ速度やインク効率も考えながらプレイする重要性が高まったと考えれば、むしろ戦い方の幅は広がったと言えるのではなイカと思います!

4. スーパーセンサー効果持続時間の短縮
これは地味な弱体化ですね〜。
スーパーセンサーだけというよりも、マーキング全体に対する弱たイカなんですが。
 
これまではマーキングガードなしだと12秒効果が持続していたスーパーセンサーが、9秒に短縮されました。
この4秒の差というのは意外と影響があり、敵の位置を把握してからその動きを考察する時間が3秒短縮されたと言い換えられます。

またBバスパークなどが顕著ですが、マーキングで位置が丸わかりになった相手をじっくり狙って狙撃する時間も短縮されました。
 
とはいえマーキングの効果が0になったわけではないので、相手の位置を把握し狙撃するリッター3Kとスーパーセンサーのシナジーは相変わらず抜群です!

5. キルされた時のスペシャル減少量10%増加
これはしょうがなくね?というのが正直な感想。
 
キルされた時のスペシャル減少量が50%→60%になったのは確かに痛手ですが…

要はキルされない立ち回りをすれば良いわけです
 
クイボの塗り範囲も広がったことですし、やられたらクリアリングもしつつゲージ管理をしていきましょう!

<おすすめギア>
まだギア厳選できていないので画像なしなのが恐縮ですが、、、
攻撃力アップ・メイン2つサブ6つ
イカ速度移動アップ・メイン1つ(+α)
インク効率orボム飛距離 ・サブ2つ

クイボの連投数が2発になったことにより、「クイボ4発擦り当てで確定1発」などの計算式が意味をなさなくなってしまいました。

その分、半チャージで仕留め損ねた敵にポイっとトドメを刺すという役割が明確になったので、役割分担がしやすくなったと考えましょう!

また、リッター3Kカスタムなどが顕著かもしれませんが、最大射程を用いて相手を一撃で倒すという役割を前面に押すのなら、
イカ速度・インク効率ガン積みの構築もアリだと思います。

自分もこの下方調整後にキル数やデス数が目に見えて変化しました…。
それでも!リッター3Kは俺のために作られたブキだという全国の猛者のためにこの長文考察を書いてみました!

プレイスタイルの変化に慣れるには時間がかかりますが、楽しいリッターライフをこれからも送りましょう!
それでは、今回はこれにて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA